タクシードライバーのメリット

歩合制によって給料の伸び幅は無限大

歩合制とは、個人の売り上げや成績に応じて給料の額が変化する制度のことです。会社によって細かく歩率が決まっています。歩合率50%と設定されているならば、60万円の売り上げた場合、半分の30万円が自分の給料になるでしょう。タクシードライバーは、実力差がハッキリ出る職業です。担当する地域内であればどのルートを走るか自分で決めることができますし、また休憩するのも自由です。

タクシードライバーの平均年収は、一般的なサラリーマンよりも低くなっています。しかし、それは「それなりの稼ぎでいい」と考えている人や、やる気があまりない人が全体平均を押し下げているからでしょう。事実、稼ぐ人の中には、年収が800万を超えている人もいます。近隣のイベントや終電時刻を全て記憶するなど、努力すれば年収も上がっていくでしょう。向上心があり、給料が上がることに対して強い喜びを感じる人は、タクシードライバーの仕事がピッタリです。

人間関係のしがらみがない

会社をやめたくなる理由の常に上位に位置しているのが、人間関係です。苦手な人や気が合わない人と長時間仕事をするというのは、ストレスも相当溜まってしまうでしょう。しかし、タクシードライバーの場合は、そのような煩わしい人間関係は一切ありません。同僚と顔をあわせるのは、基本的に出勤した時や、仕事が終わって会社に戻ってきた時のみです。職場の上司や同僚との付き合いは最低限のものなので、仕事をやめたいと思うほど悩むことはないでしょう。

お客さんとコミュニケーションをとる必要がありますが、その場限りの関係なため、精神的にも楽です。お客さんが話しかけられるのが嫌そうなオーラを放っていたならば、無理して話しかける必要もありません。タクシードライバーは人間関係の悩みが少ないので、会社の人間関係が苦手な人や、人間関係に疲れきってしまった人の就職先としてもおすすめです。

© Copyright Taxi Drivers.All Rights Reserved.