タクシードライバーに向いている人

ルーティンワークが得意な人ならしっかりと稼げる

タクシードライバーの仕事は、日々同じエリア内でのルーティンワークが中心なるため、仕事をコツコツとこなせる人が向いています。特に、狭いエリアで事業を展開しているタクシー会社に就職をする場合は、長く働いても転勤の可能性が低いため、マイホームの購入や子供の教育などの生活設計を立てやすいというメリットがあります。最近では、マンネリにならず生き生きと働けるように、全てのドライバーを対象とした研修を定期的に実施したり、ベテランドライバーや人事担当者が新人のフォローアップをしたりしているタクシー会社の数も増えています。また、タクシー会社での経験を積んでから自分で個人タクシーの会社を立ち上げることで、収入アップを期待することもできるため、自営業に関心のある人もおすすめです。

夜勤が得意なドライバーは重宝されやすい

夜勤を得意とするドライバーは、各地のタクシー会社で重宝されており、会社によっては高額な手当を支給したり、ボーナスの査定で優遇したりするところもあります。また、夜勤のドライバーの数が不足しているタクシー会社においては、夜勤専門のパートやアルバイトなどの運転手として働けることもあり、定年退職をした人や育児中の人も採用されやすい状況となっています。一般的に、夜勤を担当するタクシードライバーは、生活リズムが乱れやすくなったり、健康管理が難しくなったりする傾向があるため、休暇制度や福利厚生などがしっかりとしている会社に就職をすることが何よりも大切です。その他、自分のペースで夜勤の仕事を担当したい人は、希望シフト制が導入されているタクシー会社を探してみましょう。

© Copyright Taxi Drivers.All Rights Reserved.