バスドライバーのデメリット

観光バスのドライバーはハイシーズンにほとんど休みが取れない

観光バスのドライバーは、仕事で日々色々な観光地を巡ることができ、高収入を得やすいという魅力がありますが、ハイシーズンにほとんど休みが取れないケースが少なくありません。特に、ドライバーの成り手が少ない地域においては、少人数のドライバーが連日の勤務を任される機会が多く、体力的な面で不安を感じながら働いている人もいます。そうした中、観光バスのドライバーとして無理なく働くには、求職中にドライバーの配置が多いところや、給料以外の労働条件の改善に努めているところを勤務先に選ぶことが大切です。その他、バス会社によっては半日勤務などの働き方を選べるところもあり、ドライバーの経験がない人も仕事に取り組み易くなっています。

中小の路線バスの会社では大幅な定期昇給が見込めない

中小の路線バスの会社で正社員のドライバーとして働く場合には、リストラなどのリスクは低いものの、大幅な定期昇給が見込めないことがあります。また、基本給だけでなく各種手当やボーナスなどの金額も安く抑えられている会社も多く、待遇面を理由として早期に離職を考える人も珍しくありません。そのため、路線バスの正社員のドライバーの仕事に関心がある時は、なるべく過去の実務経験を評価してもらえるところや、長期勤続者を対象とした手当が用意されているところを就職先の候補に選ぶことがおすすめです。なお、将来的に業界内でキャリアアップを図りたい人は、バスのドライバーの仕事をこなしながら、運行管理者などの資格を取得できる会社を探すのも良いでしょう。

© Copyright Taxi Drivers.All Rights Reserved.